414nbmsjhvl._ss350_

日本美術のことばと絵 (角川選書)

著者: 玉蟲 敏子   
出版社: KADOKAWA / 角川学芸出版
レーベル:
価格: ¥1555  2016/05/26 18:13更新


発売日: 2016/05/27
Kindle版リリース日: 2016/05/27
該当するカテゴリー

アート・建築・デザイン

商品の説明

近代以前の日本美術は、ことばによる文芸と造形イメージとが一体となった、世界的にもまれな芸術空間をかたちづくってきた。日本美術が文学とイメージとが常に相関しながら発展を遂げてきたことを、平安、鎌倉、室町、桃山から江戸後期にいたる、それぞれの時代での特色ある造形作品を例に掲げつつ例証。そこでは文字そのものによる表現や和歌文芸の内容があからさまに示されたり、留守文様のように隠されたり、あるいは葦手絵のように絵の中に侵入するなど、視覚的にも変化ある美の表現が追求されてきた。この近代以前の芸術空間を、単なる概説的な記述ではなく、作品の美質を描きつつ解説。とくに表現の極みともいえる室町の硯箱や、宗達・光悦コンビによる和歌巻などの代表的な優品については、詳細にその特性と素晴らしさを描き出す。

この商品・セールについてのコメント

この商品に対するコメントはありません