61wjmtmefml._ss350_

12歳でもわかる!決算書の読み方

40
著者: 岩谷 誠治   
出版社: フォレスト出版
レーベル:
価格: ¥594  (61% OFF) 2016/01/09 23:18更新


発売日: 2010/02/27
Kindle版リリース日: 2015/07/31

商品の説明

■「お金」が一番大事!

ビジネスで一番大事なものはカネ。「お金」です。

表現は下品かもしれませんが、事実です。
ビジネスは、すべて「お金」で動いています。

だから、ビジネスのあらゆるシーンで
「お金」の話をすれば、説得力が増します。

「営業」「マーケティング」「企画」「面接」「交渉」
「会議」「就職・転職」「経営」「資金繰り」「借金」…、
あらゆる場面で一番効果があります。

そして、ビジネスで動く「お金」を
一目でわかるように表したものが、「決算書」です。

つまり、これが読めれば、
あなたはあらゆる面で有利に立てます。



■決算書は難しい…。でも、「会計テトリス」ならカンタン!

有利になるのはわかっているのに、
なぜ、多くの人が「決算書」を読めないのでしょうか?

その答えは簡単です。
決算書を読むのが、難しいからです。

会計のことをよく知らない人が、
決算書を読もうとしても無理です。

しかし、安心してください!

本書は、会計初心者でも、
簡単に決算書が読めるようにつくりました。

それが、「会計テトリス」です!



■良い会社は右上がり顔!

「何度学んでも、会計の知識が身につかない…」
という悩みを持った人は多いです。

そこで、誰でも簡単に決算書を読む方法を見つけました!

決算書からわかることは、その会社のお金が回っているかどうかです。
つまり、「良い会社」か「悪い会社」かがわかるのです。

「会計テトリス」を使えば、会計初心者でもその判断が一瞬でできます。

良い会社は、右上がり顔!
悪い会社は、右下がり顔!

これだけです。
実は、決算書は人間の顔のようなもので
隠されている「目」や「眉」を見つけ出し
その配置を理解できれば、簡単に読み解けます!



■12歳でも読める!

中学1年生(12歳)で決算書を見ることはないと思いますが、
「小学生の算数」程度の計算しか使わずに、
中学1年生でも理解できることを目標に執筆しました。

このような方法を使い、3つの決算書を
「貸借対照表」→「損益計算書」→「キャッシュフロー計算書」
の順で学び実際のビジネスでの『会計知識』の使い方が身につきます。

この3つの決算書のつながりが理解できれば
お金の流れが自然にわかるようになります。

だから、

社会人として「会計」を知っておきたい!
「転職」「就職」を考えている
「経営」「資金繰り」「経理」などにかんする仕事をしている
「営業」「マーケティング」などにかんする仕事をしている
「ビジネス数字」を理解したい!
株式投資をしている
…人には効果があります。

話題の「IFRS(国際会計基準)」にも、
対応できるようにしました。

この商品・セールについてのコメント

この商品に対するコメントはありません