51x7pn1glnl._ss350_

これだけは知っておきたい「作文」「小論文」の書き方 これだけシリーズ

著者: 宮川俊彦   
出版社: フォレスト出版
レーベル:
価格: ¥1080  (23% OFF) 2016/05/30 18:10更新


発売日: 2011/10/28
Kindle版リリース日: 2016/05/31

商品の説明

■35年200万人を指導した文章の超プロが教える!
絶対に内定&合格が取れる「書き方」「考え方」

このページに来て頂き、ありがとうございます。

「……書くことが、ない」

採用試験・資格試験・公務員試験・昇級試験…などで、
出題されたテーマを見て、こんな風に思ったことはありませんか?

もしくは、
「一体何を書けばいいのかわからない」
「途中で手が止まってしまう。最後まで書けない」
「得意のジャンルなら書けるのに、苦手なジャンルとなると書けなくなる」
と言った悩みをお持ちでないですか?

この本は、どんなテーマが出題されても
必ず合格する「作文」「小論文」が書ける1冊です!

ところで、あなたは、こんなカン違いをしていませんか?

それは…




■あなたが落とされるのは、果たして「文章力」が原因か?

あなたは、合格する「作文」「小論文」を書くために、何が必要だと思いますか?

「文章力」「表現力」「語彙力」「構成力」……
そんな声が聞こえてきそうですね。

もちろん、どのスキルも必要です。
ただ、どれも合格のための「決定打」にはなりません。

綺麗な読みやすい文章が書けたところで、手紙やビジネス文書では、評価されるかもしれません。

しかし、内定や昇級・資格など、あなたの「能力」「人となり」「人間性」を見る試験では「文章力」は何の評価にも値しません。

それでは、一体、何が評価されているのでしょうか?




■×「うまくまとまった文章」 ×「専門用語を用いた詳しい文章」…?

文章の「上手い下手」で合否は決まりません。

合否を決めるのは、
あなただけの「オリジナルな文章」が書けているか、なのです。

つまり、日頃から、
あなたが「何を」「どう」とらえているか――
「考える力」が重要になってきます。

採点者は、
「うまくまとまっている文章」
「表現力があふれる文章」
は求めていません。

それよりも、あなたがテーマについて
しっかりと自分の考えを持ち、伝えようとしているか、を見抜いてきます。




■なぜ、今、「小論文」が試験で重視されるのか?

この本の著者である、宮川俊彦氏は、
●35年間200万人もの文章指導を行う
●400を超す大企業・自治体に論作文の分析に赴く
●年間16万通もの作文・小論文に目を通す
●自身も最年少でNHKコラムを担当する
など、テレビ出演や連載・寄稿を多数行う文章の「超プロ」です。

“なぜ、今、採用試験等で、「作文」「小論文」が重視されているのか?”

宮川氏曰く、
“「人間性」「現在の心境」「キャリア」など、
言葉や文章だけでなく、「非言語の領域」まで読み取ることができるから”。

たとえば採用試験であれば
会社側にとっても、「人財」となる人を選ぶ、失敗は許されない試験。

だからこそ、「人間力」が丸裸になる「作文」「小論文」を出してくるのです!

どこかで読んだような話をコピーした考えなしの文章では、化けの皮はすぐにはがされてしまいます。

それでは、「考える力」を身につけるには、
一体どうしたらいいのでしょうか?

この商品・セールについてのコメント

この商品に対するコメントはありません