61qdt1pipjl._ss350_

NO NUKES voice (ノーニュークスヴォイス) vol.8 [雑誌]

著者: NO NUKES voice 編集委員会   
出版社: 鹿砦社
レーベル:
価格: ¥680  2016/05/25 18:08更新


発売日: 2016/05/25
Kindle版リリース日: 2016/05/25

商品の説明

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※紙版とは一部、記事の内容が異なります。

原発いらない!全国から最前線の声を集めた脱原発情報マガジン!
福島第一原発事故の収束はおろか、課題も山積みのままで全国の原発が再稼働されようとしています。NO NUKES voice(ノーニュークス・ヴォイス)は世代、地域を超えた新たな脱原発ネットワークの構築と、脱原発に関わるあらゆる情報を発信するオピニオン誌です。原子力専門家、議員、ミュージシャン、アーティスト、市民運動家…毎号、多彩な執筆陣とゲストを迎え、脱原発に向けてのリアルな声をお届けします!

●内容紹介
[グラビア] <おっかけインタビュー>"シニア右翼の女神"櫻井よしこ氏を自宅前で直撃取材!
分断される福島—それに抗う女たち 現場至上視点(2)大宮浩平さん(写真家)
インタビュー:金平茂紀さん(TBS『報道特集』キャスター) 原発報道とテレビの危機——生涯現場記者が憂う<僕らの国>のゆくえ
インタビュー:今中哲二さん(元・京都大学原子炉実験所助教) 京都大「熊取六人衆」最後の現役、今中さんが定年 原発事故に「人災」を問えるシステムを!
インタビュー:中嶌哲演さん(福井県小浜市・明通寺住職) 仏教者として反原発を闘う
報告:本誌特別取材班<撮影・文=原田卓馬> シニア右翼の女神・櫻井よしこの魂 桁違いのエロスとオーラが保守の狂気とつながる謎
[特集] 分断される福島——権利のための闘争
インタビュー:木幡ますみさん(大熊町町議) 東京の人には「福島は危ない」と本当の気持ちを言ってほしい
インタビュー:佐藤幸子さん(子どもたちのいのちを守る会・ふくしま代表) なんで私が「過激派」に? 分断に怯まず、いのちを守る
インタビュー:木田節子さん(福島原発避難者)「あの日を忘れない」という報道が「あの日」を忘れさせてゆく
インタビュー:布施幸彦さん(ふくしま共同診療所院長) 福島で小児甲状腺がんにとことん向き合う
インタビュー:國分富夫さん(原発事故被害者相双の会会長) 展望とは若い人がいて初めて生まれるものですよ
報告:大宮浩平さん(写真家) 福島三大都市と原発被災地を巡る——現場至上視点撮影後記
対談:田中宏和さん(「世に倦む日日」主宰者)×松岡利康(本誌発行人) 3.11以降の反原連・しばき隊・SEALDs
報告:松岡利康(本誌発行人) 再び反原連に異議申し立て! 人の想いや厚意には真摯に応えよ! 異論を排除しない自由な運動への願い
報告:中村ゆうきさん(フリーライター) この事故を終わらせないで一歩も未来なんて進めない 3.10九電東京支社前抗譲行動、3.10〜3.11東電本店「連続」合同抗議
報告:田所敏夫(本誌編集部) 高浜原発4号機再稼働時の事故と仮処分による運転停止
報告:板坂剛さん(作家・舞踊家) 映像は、安倍晋三を切る凶器になり得るのか?——映画『A2-B-C』を観て
報告:渥美美紀さん(原発避難者=「原発賠償ひょうご訴訟」原告) 子どもたちの未来のために 原発事故や放射能被害の事実を伝えていく
報告:本間 龍さん(元博報堂社員、作家) 原発プロパガンダとは何か?(第六回) 相次ぐ原発広告の復活
報告:納谷正基さん(『高校生進路情報番組ラジオ・キャンパス』パーソナリティ) 反原発に向けた想いを次世代に継いでいきたい(7) これまで、それなりの党悟と想いを込めて放送してきたラジオでの発言について
報告:三上 治さん(経産省前テントひろばスタッフ) 高浜停止仮処分決定の〈朗報〉と祈祷僧侶団四十七士の〈鎮魂〉
提案:佐藤雅彦さん(翻訳家) うたの広場 落選運動テーマソング「えらぶな!」
報告:再稼働阻止全国ネットワーク 熊本地震—中央構造線に火が点いた—原発が危ない! 地震が収まるまで原発は止めておこう—九電社長様
編集後記

この商品・セールについてのコメント

この商品に対するコメントはありません