51yo56rncfl._ss350_

なして何も言わねかった 自死遺族、苦悩の日々 (朝日新聞デジタルSELECT)

著者: 朝日新聞   
出版社: 朝日新聞社
レーベル:
価格: ¥108  2016/05/24 18:07更新


発売日: 2016/04/28
Kindle版リリース日: 2016/05/23
該当するカテゴリー

Kindle本 > ノンフィクション

商品の説明

「いずれやるって思っていたから、ばかやろって」。義父に続き、夫が自死した女性(55)。不況で仕事が激減、眠れなくなり、がんも見つかった夫は、酒におぼれた。「2人も死なせた自分は悪い嫁なのか」。そんな思いが頭を駆け巡った。支えになったのは同じ自死遺族との会話だった。今はこう思う。「夫はただ一生懸命生きて、一生懸命悩んで、最後にそういう死に方を選んだだけ。誰にも被害を与えていない。だから、何も世間にやましく思うことはない」。自殺率が1995年から19年連続で全国ワーストだった秋田県。自死遺族の苦悩の日々を見つめた。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:7400文字/単行本換算で11ページ】

この商品・セールについてのコメント

この商品に対するコメントはありません