5127ppkvgzl._ss350_

世界のエリートはなぜ瞑想をするのか

40
著者: 渡邊愛子   
出版社: フォレスト出版
レーベル:
価格: ¥540  (62% OFF) 2016/01/10 01:41更新


発売日: 2015/10/04
Kindle版リリース日: 2015/12/21

商品の説明

■グーグル、アップル、ビル・ゲイツ、イチロー選手……
世界を舞台に活躍する一流たちの"新習慣"

世界中の誰もが知っている
超一流のグローバルカンパニー、Google。

Googleが、社員向けに10年近く提供し、
5000人以上が受講、400人以上が
ウェイティングリストに載っている人気のプログラムがあります。

それが「瞑想」です。

瞑想と聞くと、ヨガとか修行のストイックなイメージ、
もしくは精神世界といった印象を抱くかもしれません。

しかし、それは一昔前の話。

現在は、Googleだけでなく、Facebook、Twitter、インテルなどの
シリコンバレーの最先端企業が社員向けプログラムに
「瞑想」を取りいれています。

瞑想をすると、ただリラックスできて、ストレスが軽減されるだけではありません。
一般にはそれくらいのイメージしかないでしょう。

瞑想の効果を理解し、正しく瞑想を実行すると、
思考がクリアになり、一日中明晰性が保たれ、
集中力や決断力が増します。

また、複数のプロジェクトを同時進行したり、
仕事や人間関係で難局に見舞われたような時でも、
平常心を保つことができ、洞察力や直観が冴え、
思いもかけないクリエイティブな方法で、
問題解決をすることができます。

これらの効果は、科学的も実証されています。

超多忙で精神的肉体的プレッシャーが尋常でない世界のエリートが、
貴重な時間を割いてまで習慣化している「瞑想」です。

毎日時間を投資するだけの効果があると認められているのです。




■1日1分、通勤電車のなかでも瞑想できる!

シリコンバレーのエリートだけではありません。

スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツ、
稲盛和夫氏といった一流の経営者。

ビル・クリントンやヒラリー・クリントン、
アルゴアといった大物政治家。

イチロー選手や長谷部誠選手、
マンチェスターユナイテッドの選手たちといった
トップアスリート。

甚大なプレッシャーのなかで結果を出しつづけなければいけない
彼らがこぞって瞑想を実践し、一流の名をほしいままにしています。

経済環境や産業構造の激しい変化のなかで競争し、
勝ち残っていかなければならないビジネスパーソンだからこそ、
瞑想をすべきなのです。

本書では、忙しい毎日でも気軽に取り組める、
ビジネスパーソン向けの瞑想を紹介しています。

1日1分、通勤電車の中でもできる瞑想です。

ぜひこの機会に瞑想の習慣を取りいれてみてください。

あなたの成功と幸せを願っています。

この商品・セールについてのコメント

この商品に対するコメントはありません