41ec0-qcvbl._ss350_

秘め事の系譜 第一章「鏡の向こう側」

著者: 紫陽花   
出版社:
レーベル:
価格: ¥99  2014/09/11 13:51更新


発売日: 2014/05/03
Kindle版リリース日: 2014/05/03
該当するカテゴリー

アダルト

小説・サブカルチャー

商品の説明

 鈴城女子学園中等部二年の篠崎レイナは憧れの先輩と恋仲になったが、それは学園に連綿と続く、女の子たちの秘密の花園への入り口だった。
 初めは女の子同士の恋愛感情にも気付かなかったレイナだったが、先輩やクラスメイト、母親やその恋人に導かれ、女同士の淫らで甘やかな世界に目覚めていく。

(本文より)---

 マジックミラー越しにもハッキリと聞こえる喘ぎ声に、レイナの心臓の高鳴りはさらに激しくなった。
 膝立ちになったショートカットの少女は相手の双臀に顔をうずめ、貪るように舐め上げていく。
(すごい……、あんなことしてる……。気持ちいいんだ……)
 男性に興味の無かったレイナは、男女の愛の営みなど、同年代の女子が持つ普通の性的な知識に欠けていた。保健体育の授業などによらずとも、普通は友人同士でそういった話題に興じたり、昨今の過激なティーンズ雑誌などで経験以上に知識を得るものもいたが、興味の無いまま女子校に進んだレイナは、純粋培養の温室育ちといってよかった。
 ましてや、目の前で行なわれている行為は普通ではない、女の子同士の睦み合いだ。
 レイナは自分の下半身が訳も判らず熱くなってくるのを感じてきた。腿を擦り合わせてモジモジとする。だが、自分の身体の変調が恥ずかしいものに思えて、シズルにバレないようにじっとガマンした。

この商品・セールについてのコメント

この商品に対するコメントはありません