61unxvezzbl._ss350_

ヒロシマ「どろどろの人」 児童書、あえて悲惨さ隠さずに (朝日新聞デジタルSELECT)

著者: 朝日新聞   
出版社: 朝日新聞社
レーベル:
価格: ¥108  2016/06/07 18:09更新


発売日: 2016/05/19
Kindle版リリース日: 2016/06/06
該当するカテゴリー

ノンフィクション

商品の説明

「ズッコケ三人組」シリーズで知られる那須正幹さん。3歳の時、爆心地から3キロの実家で被爆した。構想6年、絵本「絵で読む広島の原爆」では、竜巻のような炎が被爆者を巻き上げる様子も表現した。「悲惨なものを子どもに見せないという風潮があるが、私はあえて見せる。強烈な体験に『出会う本』であってほしい」。「広島の姉妹」を書いた山本真理子さんも、瀕死状態の友を「どろどろの人」など悲惨さを隠さず表現した。「『戦争は怖い』と知ってもらいたいので。それでも実際の体験に比べたら3割引きぐらいの表現なんです」。広島で被爆した作家らが手がけた児童文学作品。体験はどのように伝えられてきたのか、作家たちに思いを聞いた。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:5200文字/単行本換算で8ページ】

この商品・セールについてのコメント

この商品に対するコメントはありません