51xcydpnhsl._ss350_

医者のウソの見破り方

著者: 富家 孝   
出版社: 株式会社メディアタブレット
レーベル:
価格: ¥350  2014/10/22 10:09更新


発売日: 2013/11/17
Kindle版リリース日: 2013/11/17

商品の説明

『医者のウソの見破り方』

医者は全員嘘つきである。

医療とは「治さないほうが儲かる商売」、
医者とは「嘘を嘘と認めない人間」である…。

病院へ行く前に知っておきたい「医療の真実」


■目次

まえがき

第1章 医者の言葉のウソ
治さないほうが儲かる商売
悪医が名医を駆遂した
医者は根本的に嘘つき
嘘をついても嘘と認めない
嘘が嘘を生む悪循環

第2章 医者という職業の嘘実
名医とは演じるもの
競馬の予想と同じ嘘の構造
自分のミスですら不可抗力
ドクターコールに返事ナシ!
大人嫌いだから小児科医に
血を見るのがイヤな人々
現代に「赤ひげ」は存在できない
粗製乱造された医者の出現
医者が税金を食い潰す
試験合格のためのネットワーク
収入はたかが知れている
患者は機械の減価償却のために
名前貸し、水増しは日常茶飯事
患者より賄賂によって薬選び
医者だけが世界と無縁
人はいかにして医者になるのか
大学病院は一極集中の階層社会
人生バランスシートは赤字!?

第3章 病院という虚構の世界
日本中が驚いた衝撃の〝殺人点滴〟
准看という奴隷が病院を支えている
経営赤字で総無責任体制
水増し請求など当たりまえの世界
ついに消費税にも悲鳴状態
病院には系列、学閥がある
新設医大出のほうが誤診が少ない
病院はスタッフの充実を見て選べ
最新設備に目を奪われるな
土日診療に隠された別の目的
外科医には手術実績を聞け
インターネットは味方になる
終末治療は生命に対する冒涜
病院で死にたいと思う人はいない

第4章 数字の嘘と罠
数値で決まる健康状態
基準値という名のトリック
深刻な病気は発見できない
人間ドックの患者生産システム
人間ドックは健康診断と大差なし
ガン検診でガンを発見してもムダ
ガン検診で被曝するアホらしさ
予防医療は自己負担で!
人気の脳ドックは何ができるのか?
脳卒中にも数値のトリックが!
むやみに手術を受けるのは危険
脳ドックも結局は医者の金儲け
ピロリ菌の検査を導入せよ
「体脂肪」の数値はインチキ
健康診断は「釣り堀」と同じ
医者ですら評価基準がわからない
生活習慣病対策という罠
糖尿病にも数字のトリックが

第5章 治療法にもウソがある
病院によって天と地の開きが
連休があるから手術をのばす?
いちばん安全な方法でゴマカシ
平気で嘘をつく執刀医
日本は医療後進国へ転落
ガンの切除手術は単なる儀式
効く抗ガン剤が使えない矛盾
早期ガン手術なら20分で手配
もう〝不治の病〟ではなくなった
ロボットが手術する時代がくる
遺伝子治療の恐ろしい未来
椎間板ヘルニアは15分で治る
歯周病はじつは恐ろしい病気
ここでもレーザー治療が威力を
本当は食事療法などいらない糖尿病
内視鏡で患部を見落とす医者もいる
「近視が治る」は眼科医の詐欺である
脳卒中の常識の嘘を打ち破れ
アトピーには画期的治療法なし

第6章 医療ミスの隠された嘘
日本の医療はすべて闇の中
医療ミスは人間が引き起こす
医師の過失による医療ミス
看護師の過失による医療ミス
「精神主義」を一日も早く打破せよ
弁護士だけがあなたの味方である

第7章 医療システムも嘘だらけ
国民皆保険は国家的詐欺システム
機能していたのはわずか15年
健保は2002年に消滅!?
先送りするほど自分の首を絞める
レセプト開示によるささやかな抵抗
金持ちは欧米で治療を受けている
市場原理を少しでも導入せよ

■著者 富家孝

この商品・セールについてのコメント

この商品に対するコメントはありません